早漏を防止する簡単な方法

頭を抱える男性

パートナーとの行為を楽しみたい、パートナーを満足させたいのに早漏でそれができない嘆いてる男性も多いことでしょう。

早漏対策として最も手っ取り早いのは、亀頭にヒアルロン酸を注入する方法です。
ヒアルロン酸を注入することによって、亀頭部分が増大し、その結果として刺激に強くなります。
包茎の方でしたら、包皮を切除する手術も有効です。
しかし、ヒアルロン酸注射、包皮切除、ともに相場として10万円以上かかり、ヒアルロン酸は持続期間も半年から1年程度です。
それに包皮切除の場合、しばらく陰茎がつっぱる感覚が残り、さらに一定期間マスターベーション含む性行為はできません。

お金をかけたくない人は、日々のマスターベーションで亀頭を刺激するようにしましょう。
この際の注意点として、亀頭は非常にデリケートな部位ですので、傷つけたり、細菌が入らないように、行為に及ぶときには清潔な手でローションやオイルを必ず使用してください。

PC筋と呼ばれる尿を出したり止めたりする際に使う筋肉を鍛えることも
早漏対策に役立ちます。
やり方は簡単で、肛門を閉じる動作を5秒間やり、5秒かけて力を抜いていきます。
これを1日50回を目安に毎日行いましょう。

パートナーとの行為中にもできる早漏対策があります。
1つは厚手のコンドームを使用することです。
これで快感を鈍化させて射精までの時間の延長を図ります。
もう1つは呼吸法です。
行為の最中、息を浅く吸って深く吐くことでリラックスを司る副交感神経を働かせ、性的興奮を抑えます。

最後に、やってはいけない早漏対策としてかゆみ止めの薬を塗布することがあります。
これは中折れに繋がる恐れがありますので絶対に避けましょう。